ネットショップ引越し

更新日:2014年8月1日

現在、モール店からショッピングカートASP フューチャーショップ2への引越のみ、ご対応させていただいております

ショッピングモールから独自ドメイン店へ引越しの際の注意点

2013年9月27日追記

※CSVデータ一括や、コンバートツールを使った楽天などのショッピングモール店から独自ドメイン店への引越しは、Googleからコピーコンテンツ扱いをされる可能性が高いです。

オーガニック検索をあきらめる場合は一括移行でOKですが、Googleにインデックスさせたい場合はモールと違うオリジナルで1から作るほうが良いのかもしれません・・

海外SEO情報ブログ様のこちらの記事がとても参考になります。

ECサイトで自社サイトと楽天ショップの重複コンテンツを防ぐ方法

家の引越し
photo credit: Atomic Taco via photopin cc
楽天市場などのモールに出店していて、独自ドメイン店への出店、お引っ越しをご検討の方は是非一度ご相談ください。

独自ドメイン店の出店メリット

建物

ショッピングモールの今昔

ショッピングモールなどに出店した場合、集客に有利な場合もあるのですが、現在多くの場合で必ずしもあてはまらなくなってきています。一昔前ですと「人通りの少ない独自ドメイン店でやるより、人通りの多い大手のショッピングモールでネットショップをしたほうが有利」などと言われたりしました。

現在はショッピングモールに出店しても競合が多すぎてショッピングモールに出店しても肝心の「買い物をしにきている人の検索結果に露出できる権利」というのがほぼ皆無です。(モール内にあまり競合がいない場合は別です)ショッピングモール内の検索結果上位に出すためには、まず販売してレビューを集めていくということが必要となってきます。もしくはモール内のリスティング広告的なものや、モール内の広告を使って露出していくしかありません。

そしてモール内の広告というのは効果検証が非常に難しく、ブラックボックス的な部分が多いので、それだったら独自ドメイン店でリスティング広告やディスプレイネットワーク広告などを使っていったほうがより効果もわかりやすいですし、効率的だと考えています。

ショッピングモールと独自ドメイン店を比べると

  • 売上に応じた手数料を支払わなくても良い
  • モールの都合による仕様変更に振り回されなくても良い
  • コンテンツを蓄積していける。(モールだと退店してしまうと0になる)

稼動数1500店舗年商1億円突破店舗も続々誕生

札束の山

「C-Pers(シーパース)」がパートナー登録しているECショッピングカートのフューチャーショップでは独自ドメイン店で成功している事例が多数あります。モールの集客に頼らずともネットショップを運営していくことは充分可能です。

かゆいところに手が届く使いやすいカート

カート画面

ここまでできるか!

色々なECショッピングカートを自分で運営していました。 (楽天・Yahooショッピング・ヤフオク・ビッダーズ・サバウェイ・カラーミー、ショップサーブ等)

どこのカートも一長一短で特長があるのですが、最終的に一番良いと思ったのはやはりフューチャーショップでした。ほんの一例となりますが、私が気にいっている機能です。

  • 買い物時、選択肢によって値段を足したり引いたりできる。(例えば洋服でLサイズ選択すると+1000円、Sサイズだと-1000円などの計算可能)
  • 送料の自動計算設定が細かくできる。(例えばクール便を利用する店舗の場合、クール便と通常便を購入した時、クール便+通常便の送料が加算されて計算されてしまうカートが多い。受注画面で送料の修正が必要だったりしますが、フューチャーショップだとクール便の場合、通常送料にクール便送料分を追加する。などという設定が可能。とにかく細かく設定できる。

楽天市場のRMS(楽天のカートシステムの略)は、かなり使いやすいのですが、フューチャーショップはそれ以上にきめ細かな設定が可能になっています。電話サポートもとてもつながりやすく、問い合わせのレスポンスもかなり早いです。もちろんEコマース機能にも対応しています。

移転した店舗様の実例

商品数約1000件の店舗(楽天→フューチャー、モバイルショップ利用)の場合

  1. フューチャーショップへの申し込み
  2. 店舗様より初期費用のお振込み後、引越し開始
  3. 店舗基本情報設定(送料、特定商法、メール設定など
  4. 仮トップページ作成→クレジットカード取り扱い審査申請
  5. ショップコンバーター2を利用して商品ページデータを一括移行
  6. トップページ移行
  7. ショップオープン

10営業日程度で店舗をオープンまでもっていけました。代引き、振込み対応だけでオープンしてカード利用可能になるまでは2週間程度を要します。

この店舗様の場合、初期のコストとしてはフューチャーショップに9万円、移行費用が12万円でした。フューチャーショップの月額利用料は最初の3ヶ月だけは44000円(ショップコンバーター最低契約期間があるため)、その後は一月あたり30450円(+カード利用手数料)となりました。

商品数約30件の店舗(楽天、某カート利用の独自ドメインショップ→フューチャーへ統合、モバイルショップ利用)の場合

  1. フューチャーショップへの申し込み
  2. 店舗様より初期費用のお振込み後、引越し開始
  3. 店舗基本情報設定(送料、特定商法、メール設定など
  4. 仮トップページ作成→クレジットカード取り扱い審査申請
  5. 既存の独自ドメインショップからのコンテンツ移動
  6. 無料ブログから自社ドメイン運営のブログへの移行
  7. トップページWordPress利用で作成
  8. DNS切り替え
  9. ショップオープン

こちらは他カートからコンテンツの引越し等があり、カード審査期間は移行作業をストップしていましたので約1ヶ月で移行できました。

初期コストはフューチャーショップに45150円、移行、ブログ設置や統合費用含み21万円でした。商品数が少ないためショップコンバーター2は利用せず、フューチャーショップへの月額料金は21000円となりました。

本気でやるならフューチャーショップ

レンタルカートは安く借りれるところはあるのですが、機能的にいまいちな場合が多いです。私はさまざまなショップ移行を経験しましたが、いろんなショップ形態によってやりたいことができないカートもあしました。しかしフューチャーショップだととりあえず安心、というところがあり、独自ドメイン店引越しの場合、基本的にはフューチャーショップでお願いしております。移転後の運営ご相談、運営代行リスティング広告などもそのまま、ご相談にのらせていただくことが可能です。

ネットショップ引越しについてお気軽にお問い合わせください

コンタクトフォームからお気軽にお問い合わせください。

C-Pers(シーパース) 金平(かねひら) まで

お問合せはこちらから

 

このページの先頭へ