業界のことなんてわかっていないコンサルタントに戦略の相談なんてしても・・?

一昨日、若干風邪気味の状態で、博多~東京への出張から帰ってきました。やはり地元はリラックスできます。

インプットしまくり、刺激受けまくりで、さすがに帰ってきたときはボーっっとしてしまいました。

今日から日々の業務を粛々と進めていっております。お待たせしている皆様もう少しお待ちください。

IMG_4697

※博多の名物?いか刺。最高でした。

コンサルなんて素人じゃん(自分の業界において)

私も自分がネットショップしてたときは、そう思いました。

いきなりぽっとやってきて、偉そうなことを断言していく。そんなやつのいうことなんか聞けるか。

そのとおりです。目先のテクニックや、手法を場当たり的、思いつきで提案するコンサルタントというのは確かにいます。反してすごい人も、もちろん存在します。

 

一昨日、弊社の関東でのクライアントと話が盛り上がったのですが、

「コンサルタントに業界のアドバイスは求めない。顧客目線で第三者的な目線でのアドバイスなら欲しい」

ということでした。

私は自分がコンサルタントに対する不信感を持っていたので、自分がその立場になったときからその点には注意していました。

なので「このページどうですか?」「この方針どうですか?」と聞かれても、基本「わかりません」と答えます。私金平個人がどう思うか、というのは意味が無いからです。

顧客がどのような人なのか聞き取り、「その人ならこう思うのでは」と答えるようにしています。

シンプルなフレームワークで、3C(戦略)→STP(顧客セグメント)→4P(商品開発、プライス、ウェブサイト、ネット集客)を常に回転させていますが、この流れをしっかりと守って日々行動していくことが大事です。

一気通貫で3Cから4Pを一貫して行う弊社ですが、3CからSTPの部分だけのご相談も増えています。

フラットな目線でご相談にのり、4Pまでつなげれる戦略確立のお手伝いできます。

興味のある方はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ